BIOGRAPHY

タクロー三鷹ブギーズ おぼえがき

タクロー三鷹ブギーズ-本名アカイケ タクロウ。 1972年京都は伏見に生まれる。 オープンチューニング、スライドバースタイル。
10代の頃、もはや様々な音楽が溢れる中、友達の部屋で何の気なしにかかったローリングストーンズの1stアルバムにノックアウト!
チャック・ベリーを初めブルース、リズムアンドブルースとルーツミュージックにじわじわのめり込んで行く。紆余曲折、停滞、解散を
幾度と味わいながら辿りついたのは、”ブギ”。 2001年に実弟のカンスケ、以前からバンド仲間であったヒロミツ(2006年脱退)とブギ
バンド、アフタースクールセッション結成。2003年にオリジナル1stミニアルバム。2009年に彼らが敬愛するブルースバンド-ハウンド
・ドッグ・テイラー&ザ・ハウスロッカーズの曲をカバーしたプロモーションアルバムを発表。 その後ビート&ベース-キャプテン・
カンスケ・フィリップスの脱退。 以降ソロで活動する中、以前からのバンド仲間-ブギ・クリニック-のドクターノブとドラムスのマンブ
(クラッカージャック、岩城山満夫と彼の衆 etc...)の協力のもと念願の1stミニアルバム『ブギと仲間』2017年発表。同時にレコ発ライブ等
このメンバー‐三鷹ブギーズアンド‐でのライブも熱望により数回行われた。 2018年11月ステージ終演後に急性心筋梗塞によりぶっ倒れるも
翌年3月群馬県高崎クラブフリーズ/アジルで行われたイベントで何事もなかった様なエネルギー溢れるステージを披露し復活。以降そして
2020/2021現在もソロ‐タクロー三鷹ブギーズ‐、そしてバンドスタイル‐ブギーズアンド‐(マンブ/D,佐々木 智紀/B)でバリバリ活動中。
                                                     ‐2021,6月更新‐




『AFTER SCHOOL SESSION』 2003Little Gator Records LGR-001 
タクロウ三鷹ブギーズ/G.Vo キャプテン・カンスケ・フィリップス/Bass.Vo ホンダ・ヒロミツ/Drums.Vo
1,YAH! ASS GIRL / 2,ALCOHOL BABY! / 3,FEELIN' DOG!




『Takuro"Mitaka Boogies" and Captain Kansuke Phillips are AFTER SCHOOL SESSION』 Little Gator Records LGR-2009
タクロウ三鷹ブギーズ/G.Vo キャプテン・カンスケ・フィリップス/Bass
1,Dust My Broom / 2,She's Gone / 3,It Hurts Me Too / 4,It's Alright / 5,I Just Can't Make It / 6,Roll Your Moneymaker
7,Comin'Around The Mountain / 8,Sadie / 9,Talk To My Baby / 10,Give Me Back My Wig / 11,Kansas City




ソロ第一弾『ブギと仲間』 2017 Little Gator Records LGR-003
タクロウ三鷹ブギーズ/G.Vo ●サポートメンバー:ドクター・ノブ/Bass from Boogie Qlinic  マンブ/Drums from Cracker Jack, Boogie Qlinic etc,,
1, デートしようぜ / 2, オレの空 / 3, Boogie The Night Away (S.Cooke) / 4, スライド・ミー / 5, 午前0時



HOME BIOGRAPHY LIVE SCHEDULE BBS MAIL